〒599-8531
大阪府堺市中区学園町1-1
大阪府立大学大学院工学研究科
物質・化学系専攻 化学工学分野
材料プロセス工学グループ

このページへのご意見・ご感想は
こちらまで

メッセージ

研究室では、「機能性材料を製造するプロセス」を対象に研究を行っています。 その中に含まれるキーワードは2つです、「機能性材料」と「プロセス」になります。

過去の歴史を振り返ってみても、新しい機能性材料の登場が世の中を劇的に変化させてきました。最近では、青色LEDが1つの例になるかと思います。しかしながら、材料だけでは便利な世の中は実現できません。 安く・早く・安全なプロセスで、求める材料を作り出すことが極めて重要です。私たちは、社会に有益な電子材料、エネルギー材料を気相法、湿式法などで安価な原料から作り出すプロセスの研究を行っております。このような材料製造プロセス工学を化学工学的に考えることで、研究に対する方法論を学ぶだけでなく、仕事・業務・プロジェクト管理のやり方を教育しています。

大阪府立大学 工学研究科 化学工学分野
材料プロセス工学グループ
准教授 齊藤 丈靖

材料の創生および製造を環境負荷の小さいプロセスで実現します

環境負荷が小さく容量の大きな二次電池や高変換効率の太陽電池の実現、そして、情報化社会の進展に伴う情報記録媒体の性能向上に取り組んでいます。それらに共通するのは、新規機能性材料の合成技術はもちろんのこと、高い生産性と構造制御技術、そして材料を環境負荷が小さい方法で経済的に大量に合成する技術が求められます。ただつくるだけでなく、視野を広く持ちながら研究を進める姿勢を大切にしています。

大阪府立大学 工学研究科 化学工学分野
材料プロセス工学グループ
講師 岡本 尚樹