English

ラボニュース

Lab News

2022.03.16横川(B4)が日本鉄鋼協会第183回春季講演大会@オンラインにて研究発表

日本鉄鋼協会第183回春季講演大会(2022/3/15-17@オンライン)に参加しました。
横川(B4)がポスター発表を行いました。

横川 昇汰, 仲村 英也, 大崎 修司, 綿野 哲
「生石灰を含む微粉鉱石の造粒特性」(PS-19)

2022.03.12大津(M1),仲村らの論文がISIJ International誌に公開されました

大津(M1),仲村らの論文がISIJ Int.誌に掲載されました。
Tomotaka Otsu, Hideya Nakamura*, Shuji Ohsaki, Satoru Watano
ISIJ Int., 62, 1381-1388 (2022) DOI: 10.2355/isijinternational.ISIJINT-2022-009

2022.03.10大城(B4),田嶋(B4)が第24回化学工学会学生発表会にて優秀賞を受賞

大城(B4),田嶋(B4)が第23回化学工学会学生発表会@オンラインにて優秀賞を受賞しました。
参考リンク

受賞発表題目:“塑性変形性の異なる粉体材料の圧縮特性評価”
発表者:大城 篤司, 大崎 修司, 仲村 英也, 綿野 哲

受賞発表題目:“ナノ粒子の細胞膜透過現象におけるコレステロールの影響”
発表者:田嶋 将也,仲村 英也,大崎 修司,綿野 哲

2022.03.05大城(B4),田嶋(B4),辰田(B4),中之薗(B4),山田(B4)が第24回化学工学会学生発表会@オンラインで研究発表

第24回化学工学会学生発表会(2022/3/5@オンライン)に参加しました。

大城(B4),田嶋(B4),辰田(B4),中之薗(B4),山田(B4)が口頭発表を行いました。

大城 篤司,大崎 修司,仲村 英也,綿野 哲
「塑性変形性の異なる粉体材料の圧縮特性評価」(A22)

田嶋 将也,仲村 英也,大崎 修司,綿野 哲
「ナノ粒子の細胞膜透過現象におけるコレステロールの影響」(H02)

辰田千夏,大崎 修司,仲村 英也,綿野 哲
「硫化系固体電解質の液相合成と粒子形成メカニズム解明」(H19)

中之薗和真,仲村 英也,大崎 修司,綿野 哲
「連続式ロータリーキルン内の粒子運動挙動の数値シミュレーション」(A23)

山田眞太郎,大崎修司,仲村英也,綿野 哲
「噴霧乾燥法による微粒子への薄膜コーティング」(A09)

 

2022.02.28大島(M1),大崎らの論文がChemical and Pharmaceutical Bulletin誌に掲載決定されました

大島(M1),大崎らの論文がChem. Pharm. Bull.誌に掲載されました。 
“Mechanism of solubility enhancement of poorly water-soluble drugs triggered by zeolitic imidazolate frameworks”
Kazuki Ohshima, Shuji Ohsaki*, Hideya Nakamura, and Satoru Watano*
Chem. Pharm. Bull., 70, XXX-XXX (2022)  DOI: XXX

2022.02.10早川(PD),仲村らの論文がAdvanced Powder Technology誌に公開されました

早川(PD),仲村らの論文がAdv. Powder Technol.誌に公開されました。
“Characterization of solid-electrolyte/active-material composite particles with different surface morphologies for all-solid-state batteries”
Eiji Hayakawa, Hideya Nakamura*, Shuji Ohsaki, Satoru Watano
Adv. Powder Technol., 33, 103470 (2022). DOI: 10.1016/j.apt.2022.103470

Hayakawa_APT

2022.02.01令和3年度博士前期課程中間発表会で今吉,巌,大島,岡村,松永,溝奥がポスター発表優秀賞を受賞

本分野で行われた令和3年度博士前期課程中間発表会で,
装置工学グループから,今吉優輔,巌 元志,大島一輝,岡村拓海,松永実久,溝奥朱音の6名がポスター発表優秀賞を受賞しました。

2022.01.12福田誠人(元社会人博士後期課程)と綿野の論文が粉体工学会誌に掲載されました

福田誠人(元社会人博士後期課程)と綿野の論文が粉体工学会誌に掲載されました。なお,本論文は会誌表紙図に採用されました。
“湿式粉砕難溶性薬物の噴霧乾燥プロセスの検討”
福田誠人, 綿野 哲
粉体工学会誌, Vol. 59, p. 4-10 (2022), DOI: 10.4164/sptj.59.4

2021.12.222021年度 冬期中間報告会を行いました

2021年度 冬期中間報告会をオンラインで行いました。
学部4回生と大学院生,博士研究員で総勢32名が研究の進捗状況を発表しました。

 

2021.12.14大島(M1)が化学工学会関西大会2021@オンラインにて研究発表

化学工学会関西大会2021(12/14-15@オンライン)に参加しました。
大島(M1)が口頭発表を行いました。

大島 一輝,今枝 優貴,大崎 修司,仲村 英也,綿野 哲
「多孔性配位錯体への薬物包接能に関する検討」(A115)

12345...102030...