English

ラボニュース

Lab News

2018.12.13大崎,中澤(M2)がMOF2018@New Zealandで発表

MOF2018 (6th International Conference on Metal-Organic Frameworks & Open Framework Compounds)@New Zealand(Auckland,  12/9-13)で発表を行いました。

大崎助教,中澤(M2)がポスター発表を行いました。

Shuji Ohsaki, Hiroki Satsuma, Kohei Akagi, Hideya Nakamura, Satoru Watano
Solubilisation of poorly water-soluble drugs using micropore of metal-organic framework“, 226

Riki Nakazawa, Shuji Ohsaki, Hideya Nakamura, Satoru Watano
Tuning of the gate adsorption behavior by making lattice defects“, 237

2018.11.30綿野教授が国際粉体工業展 東京2018@東京で依頼講演

綿野教授が国際粉体工業展 東京2018の粉体工学入門セミナーにて依頼講演を行いました
「粉体の加工技術」
2018年11月30日@東京

2018.11.29仲村が第59回電池討論会@大阪で発表

第59回電池討論会(11/27-29@大阪)に参加しました。
仲村が口頭発表を行いました。

仲村 英也 , 益山 朋之 , 櫻井 理沙 , 作田 敦, 斉藤 俊哉 , 倉谷 健太郎 , 大﨑 修司 , 綿野 哲
「ドライコーティングによる正極活物質と固体電解の複合化」(3B02)

2018.11.29大崎が国際粉体工業展 東京2018@東京で発表

国際粉体工業展 東京2018(11/28-30@東京)に参加しました。
大崎がアカデミックコーナー~若手研究者が語る未来の粉体技術~にて発表を行いました。

大﨑 修司
「多孔性配位錯体粒子が示す特異的吸着挙動の新規制御法の確立」(No. 8)

2018.11.27大崎,鄺(M2),岡田(M1),三谷(M1)が粉体工学会2018年度秋期研究発表会@東京で発表

粉体工学会2018年度秋期研究発表会(11/27-28@東京)に参加しました。
大崎が口頭発表を,鄺(M2),岡田(M1),三谷(M1)がポスター発表を行いました。

大崎 修司,中原 優佳,寺西 彰人,仲村 英也,綿野 哲
「特異的吸着挙動を示す多孔性粒子の攪拌造粒プロセス」(一般-13)

Kuang Pohao,仲村 英也,大崎 修司,綿野 哲
「量産化に向けた全固体電池用複合粒子合成プロセスの基礎的検討」(BP-16)

岡田 清楓,大崎 修司,仲村 英也,綿野 哲
「噴霧乾燥機内部の熱および流体挙動の数値解析」(BP-43)

三谷 亮介,大崎 修司,仲村 英也,綿野 哲
「粉末吸入製剤のデバイス内における粒子付着現象の解析」(BP-38)

 

2018.11.12仲村准教授がJSPS製銑第54委員会企業インターンシップ@広島で依頼講演

仲村准教授がJSPS製銑第54委員会企業インターンシップにて依頼講演を行いました
「数値シミュレーションを活用した湿式造粒プロセスの設計・解析」
2018年11月12日@広島

2018.11.04仲村准教授の解説論文がPHARM TECH JAPAN誌に掲載されました

仲村准教授の解説論文がPHARM TECH JAPAN誌に掲載されました。

仲村英也
“ナノ粒子の細胞膜透過現象の分子動力学解析”
PHARM TECH JAPAN, 34,  161-164 (2018)

2018.11.04仲村准教授の解説論文が混相流(日本混相流学会誌)に掲載されました

仲村准教授の解説論文が混相流(日本混相流学会誌)に掲載されました。

仲村英也
“ナノ粒子と細胞膜の相互作用の分子動力学シミュレーション”
混相流, 32(3),  321-328 (2018)

2018.11.04仲村准教授が分担執筆した書籍が出版されました

仲村准教授,綿野教授が分担執筆した書籍が出版されました。

粉体の表面処理・複合化技術集大成-基礎から応用まで―
内藤牧男 監修 

仲村英也”粉体の造粒” (第1章 5.6節)

 

 

2018.11.04医薬品の造粒に関する書籍がElsevier社から出版されました

仲村准教授,綿野教授が分担執筆した書籍がElsevier社から出版されました。

Handbook of Pharmaceutical Wet Granulation 1st Edition: Theory and Practice in a Quality by Design Paradigm
Eds. Ajit Narang and Sherif Badawy

Satoru Watano, Hideya Nakamura
“Numerical Modeling for Wet Granulation Processes” (Chapter 22, pp. 737-759)

Hideya Nakamura
“Application of the Discrete Element Method to Scale-Up of High-Shear Granulation” (Chapter 23, pp. 765-789)